温度変化

リビングや寝室などに空調設備を整えている人は、多くいます。
どちらも、1日のうち長時間を過ごす部屋なので、室温や湿度を快適な状態で保つ方が、生活しやすいのです。
そして昨今では、浴室内にも空調設備を整える人が増えてきています。
浴室も、1日の疲れを癒してリフレッシュするためには、大切な場所だからです。
具体的には、暖房や乾燥機などの空調機器です。
基本的に天井に埋め込むタイプなので、設置することで浴室内が狭くなったり見た目が極端に変わったりする心配はありません。
操作は壁についているスイッチでおこなうことができるので簡単です。
室温や湿度がちょうど良いものになり、快適に入浴できるようになれば、体も心も一層すっきりとさせることができるようになります。
それにより、生活自体も快適なものになっていきます。

湯船のお湯が温かくても、浴室が寒ければ、せっかく温まった体が湯船から出た瞬間にどんどん冷えていきます。
それだけでなく、温度差から血圧に激しい変化が生じ、そのために脳梗塞や心筋梗塞の発作が起こってしまう危険性もあります。
これをヒートショックと言うのですが、これは特に高齢者に起こりやすいことです。
そのため、高齢化が進んでいる昨今においては、ヒートショックを防ぐことのできる浴室の暖房の需要が非常に高くなってきています。
また、共働きで日中は洗濯物を外に干すことが困難という家庭も増えてきています。
そのような家庭では、夜間に浴室で洗濯物を干すことのできる乾燥機の需要が高くなっています。
乾燥させることで湯船などにカビが生える心配も少なくなり、掃除が簡単になるので、一石二鳥です。

浴室暖房は二世帯ファミリーに選ばれている人気の住宅設備